脱毛ラボ脱毛器の使用頻度は週2回?効果的な使い方を徹底解説!

脱毛ラボ家庭用脱毛器の使用頻度・回数はどれくらいがベストなのでしょうか?

脱毛ラボホームエディションの効果的な使い方や使用時の注意点など徹底解説します!

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認▼▼▼

  1. 脱毛ラボホームエディションの使用頻度
    1. 始め3ヶ月は3日に1回
    2. 効果が現れたら2〜8週間に1回でOK
    3. 効果を感じないなら頻度を上げて!
    4. 家庭用脱毛器を毎日使うのは危険?
  2. 脱毛ラボホームエディションの脱毛効果
    1. 家庭用だと出力は弱め?
    2. 永久脱毛はできる?
    3. 脱毛しながら美肌になれる!
  3. 脱毛ラボホームエディションの照射回数
    1. 1台で30万発照射できる
    2. 全身脱毛300回分!
    3. コスパ最強!サロン並みの脱毛パワー
  4. 脱毛ラボホームエディションの照射面積
    1. 【注意】冷却部分は脱毛できてない!
  5. 脱毛ラボホームエディションは痛くない?【実際に使った本音レビュー】
    1. 冷却機能が気持ちいい!
    2. 脇は熱を感じやすい
    3. vioも痛くない!
  6. 脱毛ラボホームエディションを使うタイミング
    1. 家庭用脱毛器はお風呂上がりNG?
    2. 運動直後や日焼け直後は控えよう
    3. ベストなタイミングはいつ?
  7. 脱毛ラボホームエディションの脱毛範囲
    1. 顔やvioにも使える?
    2. 男性の髭も脱毛できる?
    3. 脱毛ラボホームエディションで脱毛できない範囲
    4. 【知らないと危険】脱毛を控えるべき肌サイン
  8. 家庭用脱毛器【脱毛時の注意点】
    1. 使用前後の入浴は控えて
    2. 日焼け止めや化粧品は落とそう
    3. 汗など水分はしっかり拭き取ってから
    4. 1〜2日前にシェービングしておこう
  9. 脱毛ラボ家庭用脱毛器の使い方
    1. ボタン2つで操作簡単♪
    2. 連写モードなら全身約15分で完了!
    3. 冷却機能付きだからお冷やしは不要!
    4. vio脱毛のやり方
    5. 【やりすぎ注意】同じ所に2回照射しないこと!
  10. 脱毛ラボホームエディションのデメリット
  11. 脱毛ラボホームエディションのメリット

脱毛ラボホームエディションの使用頻度

脱毛ラボホームエディションの使用頻度・脱毛間隔はどのくらいが効果的なんでしょうか・・・?

初めて脱毛する方に向けて、効果的な使用頻度をまとめてみました!

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

始め3ヶ月は3日に1回

脱毛ラボホームエディションの使用説明書には、このように書かれています。

使い始め3ヶ月間は、週2回程度の頻度でご使用ください。

また、脱毛日から最低2日は期間をあけて使用するようにしてください。

脱毛ラボホームエディション使用説明書より

一般的な脱毛サロンだと、最短で2週間に1回の頻度で脱毛できるイメージですが、

脱毛ラボホームエディションは週2回の使用もOK

ただし、脱毛日から2日は間を空けて使用しないとお肌に刺激となってしまうため、

目安としては3〜4日に1回の頻度で使用するといいでしょう。

カレンダーで確認しながら、計画的に使用することが大切です。

特に脱毛が初めての方は、

週2回の頻度で使用した方が効果を早く感じられるという口コミが多かったです。

脇やvioなど、毛が太いく毛量の多い箇所は、頻度をあげていきましょう!

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

効果が現れたら2〜8週間に1回でOK

脱毛ラボホームエディションを使用して、3ヶ月ほど3日に1回使用したら、徐々に毛の量が少なくなってきます。

毛が少なくなって、毛が生えてくるスピードが遅くなったと感じたら、使用頻度を2〜8週間に1回にして大丈夫です。

脱毛ラボホームエディション使用説明書より

説明書には効果が現れたら2〜8週間に1回でOKとのことですが、

個人的には2週間に1回の頻度で使用した方が効果は高まるかな?と思います。

私は以前脱毛サロンに通っていたのですが、

特にvioは2週間に1回の頻度で通って脱毛して、ようやくきれいに毛がなくなっていきました。

1ヶ月とか2ヶ月とか開けてしまうと、明らかに効果を感じずらかったですね。。

なので、家庭用脱毛器でも効果をある程度感じてからが勝負だと思うので笑、

2週間に1回の頻度で使用した方がいいような気がして、私はそれくらいの頻度で使っています。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

効果を感じないなら頻度を上げて!

口コミを見てみると、中には3ヶ月使用しても毛に変化がない、効果を感じられない!という声もありました。

効果の現れ方には、照射回数や毛質、毛量などに個人差があるため、

一概に皆んなが3ヶ月で効果が出るという訳ではないんですね。

なかなか効果を感じられない時には、継続して3日に1回の頻度で使用してみましょう。

また、週2回以下の頻度で使用している場合には、使用頻度を上げてみることがおすすめです。

肌に刺激のない程度に、使用回数を増やしてみると効果を感じやすくなると思います。家庭用脱毛器を使用するときは焦らず、続けて使用することがポイントです。

家庭用脱毛器を毎日使うのは危険?

できれば毎日使いたい!

毎日使えば効果は高まるのかな?

なんて期待してしまいますよね。

でも、日使用するのはお肌に負担をかけてしまい、かえって逆効果なんだそうです!

毎日使用したからといって脱毛効果が高まるというものではないので、適切な間隔を守って使用することが大切です。

脱毛の光は少なからず肌には刺激になっているものなので、必ず2日は間隔をあけてから使用するようにしましょう。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボホームエディションの脱毛効果

脱毛ラボホームエディションの脱毛効果って実際どうなの?って気になりますよね。

ここでは、脱毛ラボ家庭用脱毛器の脱毛効果について解説していきます。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

家庭用だと出力は弱め?

脱毛ラボホームエディションは、

脱毛専門サロンである脱毛ラボさんが開発した家庭用脱毛器というだけあって、

サロンと同じレベルの出力パワーがあります。

最大出力レベルで使用すれば、サロンと同じ12ジュールの強力パワーで脱毛できちゃう!

忙しくてサロンに通えない人、全身脱毛したいけど出費を抑えたい人、vioを人に見られたくない人、、

そんな方が自宅でも満足できる脱毛効果を得られる機能があるので、

脱毛が初めての方には特におすすめです。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

永久脱毛はできる?

脱毛ラボホームエディションでは永久脱毛をすることはできませんが、

毛量を減らしたり、毛質を柔らかく薄くすることは可能です。

永久脱毛は「医療行為」なので、脱毛サロンや家庭用脱毛器では本格的な永久脱毛はできないんです。

医療脱毛クリニックに通えば永久脱毛は可能ですが、金額が高く、かなり痛みもあるので、なかなか手が出せないもの。

その点、脱毛ラボホームエディションは痛みも少なく、自己処理がかなり楽になるレベルまできれいにすることができます。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛しながら美肌になれる!

脱毛ラボホームエディションは、脱毛しながら美肌効果もあるのが嬉しいポイント!

脱毛ラボホームエディションで脱毛すると、どのレベルで照射しても脱毛後はお肌がプルプルになり、肌触りが滑らかになります。

実際に脱毛してからボディクリームを塗ってみたら感動!!

脱毛後はクリームの滑りがめちゃくちゃ良くて、つるつるすべすべのお肌になっていて驚きました。

また、美顔器としても使用できるので、

エステに通わなくてもおうちで手軽にエステ級の美肌効果を得られるんです!

実際に使用してみましたが、

使用後は化粧水の浸透が良くなって、お肌もちもちぷるぷるになりました♪

翌日の化粧ノリも良くなるので、特別なケアとしても使えるし、パックの代わりにもなるので定期的なケアにもおすすめです。

エステだと一回5,000円とかしますから、この機能はありがたいですね(^^)

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボホームエディションの照射回数

脱毛ラボホームエディションの照射回数はどのくらい・・・?

一台で何回脱毛できるのか?コスパはいいのか?解説していきます!

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

1台で30万発照射できる

脱毛ラボホームエディションは、

1台で30万回照射できるので、

1人で使うと20年近く使える計算になります。※脱毛ラボ調べ

30万回は全身脱毛するのに十分な回数?か気になるところですが、

30万回もあれば全身脱毛を完了するには十分です。

永久脱毛ができるわけではないのですが、口コミを見ると、

人によっては30万回使い切らないうちに毛がほとんど生えてこなくなることもあるみたいです。

脱毛が必要ないくらいまできれいになってからも、

美顔器として使用できたり、

後々生えてきた毛を脱毛することもできるので、

1台持っていれば安心ですね。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトはこちら▼▼▼

全身脱毛300回分!

脱毛ラボホームエディションは、1台持っていれば全身脱毛が300回できちゃいます。

脱毛サロンに通うとなると、全身脱毛を完了するのに20〜30万円近くはかかりますが、脱毛ラボホームエディションならサロンの4分の1の値段=64,980円(税別)で脱毛し放題!

脱毛サロンだと、高いチケット代を払ったのにまだ毛が生えてくる、、

なんてことも多いんですが、脱毛ラボホームエディションなら何度でも納得いくまで脱毛できます。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

コスパ最強!サロン並みの脱毛パワー

脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロンの出力パワーと同じ12ジュールで脱毛できます。

脱毛するのに必要なパワーは1㎠当たり1~3ジュールですが、
脱毛ラボ ホームエディションは1㎠当たり2.9ジュールのパワーがあるので、

家庭で脱毛するにも十分な効力があります。


それ以上のパワーだと、無駄に痛いだけで炎症を起こしてしまうリスクがあり危険なんだそうです。

脱毛ラボの家庭用脱毛器は、最大限の脱毛パワーがありながら、肌荒れの心配もなく安心して使えるんですね。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

※12ジュールとは、レベル5(最大レベル)で照射した時の照射面積あたりのジュールです。

脱毛ラボホームエディションの照射面積

脱毛ラボホームエディションの照射面積は、13.6mm×30.6mmです。

照射面の内側が透明なレンズになっていて、そのレンズ部分から脱毛の光が出る仕組みになっています。

脱毛ラボホームエディションの照射面積は、

他の脱毛器に比べて凄く大きいわけではありませんが、

程よい大きさがあるため全身脱毛するには使いやすいと思います。

照射面積が大きすぎると、vioや鼻下など細かい部分の脱毛に不便ですし、

逆に照射面積が小さすぎると、腕や足など大きな部分を脱毛するのに凄く時間がかかってしまいます。

脱毛ラボホームエディションなら、全身脱毛するのに不自由ない照射面積なので、脱毛が初めての方でもスムーズに脱毛ができます。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼


【注意】冷却部分は脱毛できてない!

初めて脱毛ラボホームエディションを使用する時に意外と知らないのが、

『冷却部分は脱毛できていない』ということ。

照射面(透明レンズ)の周りに冷却部分があるのですが、

きちんと照射できているのは透明レンズが直接当たっている所だけなんです!

なので、脱毛するときは透明レンズ(照射面)が漏れなく肌に当たるように、

少しずつ照射面をずらしながら照射するようにしましょう。

慣れるまでは少し難しい?というか、照射面が見える訳ではないので、

冷却部分にもきちんと照射するように本体をずらしていくのはほぼ感覚です!笑

神経質な方は向いてないかもしれませんが、

万が一照射漏れがあっても、そこだけ後で照射すればちゃんと脱毛できます。

こういう所はセルフ脱毛なので仕方ないかな、という感じですね(*´-`)

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボホームエディションは痛くない?【実際に使った本音レビュー】

私が脱毛ラボホームエディションを使ってみた感想を暴露していきます。

私はもともとミュゼの家庭用脱毛器を使っていたので、ミュゼとも比較しながらレビューしています。

冷却機能が気持ちいい!

脱毛ラボホームエディションを初めて使った時、

冷却機能が思ったより冷んやりしてて気持ち良かったです。

ちなみに私は初めから最大レベル5で使用しました。

ミュゼの脱毛器と比べても、脱毛ラボの方がやや冷んやり感が強いかな?と思いました。

脇は熱を感じやすい

腕や足に使用した時は冷んやり感が強かったんですが、

脇に使用した時はやや熱を感じました。

脇は皮膚の薄い所なので、脱毛光の熱を感じやすいんだなーと。。

脇に初めて使用する時は、まずレベル1でテスト照射してみて、徐々にレベルを上げて照射するのがおすすめですね。

vioも痛くない!

vioは、脱毛サロンで15回くらい脱毛したことがありますが、サロンだと結構針を刺したようにチクッと痛いんですよね。。

その痛みと比較したら、ほぼ痛みはないと言ってもいいです。

レベル5で照射すると、ioラインが時々チクリとすることがありましたが、

照射後に肌が荒れたり痒くなることもありませんでした。

冷却機能も優秀なので、痛みや熱さもちゃんと軽減されてる気がしました!

脱毛サロンだと毎回痛くて、行くのが嫌になってしまうんですが、これならvio脱毛を続けられそうです(^ ^)

脱毛ラボホームエディションを使うタイミング

脱毛ラボホームエディションを使うタイミングはいつ?

脱毛するベストなタイミングを確認しておきましょう。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

家庭用脱毛器はお風呂上がりNG?

基本的に家庭用脱毛器を使用するタイミングは、お風呂上がりは避けてください

お風呂上がりはお肌が熱っていて敏感になっているので、入浴直後に脱毛すると肌荒れのリスクがあるからです。

脱毛する時はシャワーに控えて、なるべく時間をあけて、肌を休めてから脱毛するようにしましょう。

運動直後や日焼け直後は控えよう

運動した後や、外出して日焼けしてしまったお肌に脱毛器を使用するのは危険です

身体に熱がこもっているタイミングは基本的に避けて使用しましょう。

また、日焼けしてしまったときは肌を休めて、肌のトーンに合ったレベルで照射するように注意してください。

ベストなタイミングはいつ?

入浴後はダメ!となると、なかなか脱毛するタイミングが見つからない、、

でも全身脱毛するなら、身体をきれいに洗ってから使用したいですよね?

私が個人的にベストだと思うタイミングは、シャワーを浴びてから1~2時間後です。

シャワーでささっと身体を洗うだけならすぐ済みますし、

時間をあければ身体の熱も下がっているので、脱毛する日は早めにシャワーだけ浴びるようにしています。

使用する際の注意点に気をつけながら、自分の生活スタイルに合ったタイミングで脱毛を続けられるといいですね。

脱毛ラボホームエディションの脱毛範囲

脱毛ラボホームエディションは、ほぼ全身に使用できます。

安全のためにも、脱毛できない範囲まで事前に確認しておきましょう。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

顔やvioにも使える?

脱毛ラボホームエディションは、5段階の照射パワーを調節できるので、顔やvioのような敏感な部分にも使用できます。

レベル1=美肌モードなので、美顔器としても使用できます。

顔やvioは皮膚が薄くデリケートな部位なので、初めて使用する際はまずレベル1から使用してみましょう。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

男性の髭も脱毛できる?

脱毛ラボホームエディションは男性の髭も脱毛できます。

脱毛ラボホームエディションは脱毛サロンと同様の照射パワーがあるので、
男性の髭に対しても十分な効果があります。

また、脱毛ラボホームエディションには高機能タッチセンサーがあり、

一般的な家庭用脱毛器では反応しづらいデコボコした部分でも簡単に脱毛できるので、
男性のヒゲ脱毛もスムーズにできます。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボホームエディションで脱毛できない範囲

脱毛ラボホームエディションで脱毛できない部位や、照射すると危険な部位を確認しておきましょう。

【脱毛ラボホームエディションで脱毛できない部位】

目、耳、乳首、乳輪、へそ内部、外陰部、腟部、肛門、男性器

ホクロ、アザ、いぼ、そばかす、しみなど色素の濃い部分、傷跡、大静脈

日焼けした肌・ケミカルピーリング後の肌

刺青(タトゥー)、ボディペイント、アートメイクのある箇所

シリコン注入箇所、ペースメーカー、皮下埋め込み式カテーテル(ポート)、ピアス、ボディピアス

ホクロやアザなど、色素の濃い部分は避けて照射しましょう!
心配な方は、保護シールなどを貼ると良いです。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

【知らないと危険】脱毛を控えるべき肌サイン

ケミカルピーリング後で敏感になっている肌や肌荒れしている箇所は脱毛しないように注意しましょう。

肌に赤みや痒みが出ているときは、専用の薬やベビーパウダーなどを使うのがおすすめ。


肌が荒れている場合には、肌荒れが治まってから脱毛を行うようにして、肌に負担のないタイミングで脱毛することが大切です。

家庭用脱毛器【脱毛時の注意点】

脱毛ラボホームエディションに限らず、家庭用脱毛器で脱毛する際に気をつけることは意外にあります。

知らずに使用してしまうと、肌荒れが起きたり、十分な脱毛効果が出なくなってしまうので注意しましょう。

使用前後の入浴は控えて

これは脱毛サロンでも同じですが、脱毛前後にお風呂に入るのはNGです!

特に脱毛した日の夜は入浴はせず、シャワーだけで済ませるようにしましょう。

脱毛後の肌は特に敏感になっているので、入浴をすると肌に刺激になり、赤くなることもあるからです。

日焼け止めや化粧品は落とそう

脱毛する部位に日焼け止めや化粧品がついている場合は、しっかり事前に洗い流しておきましょう。

日焼け止めなどが肌に残っていると、十分な脱毛効果を発揮できなくなってしまいます。

洗い流すのが面倒な時は、拭き取り化粧水をコットンにとり、コットンにクリームが付かなくなるまで拭き取るときれいに落とせます。

汗など水分はしっかり拭き取ってから

脱毛ラボホームエディションを使用するときは、肌についた汗や水分を十分に拭き取っておきましょう。

スプレーをかけて脱毛する家庭用脱毛器もありますが、脱毛ラボホームエディションは素肌に対して使用するようにしてください。

1〜2日前にシェービングしておこう

脱毛する部位は、事前にシェービングしておきましょう。

また、毛抜きで毛を抜くのもNGです!

カミソリは肌を痛めてしまうので、電気シェーバーがおすすめ。

脱毛ラボホームエディションは黒い毛に反応する脱毛方式なので、毛がないと脱毛効果を発揮しないからです。

シェービングするタイミングですが、

脱毛する1〜2日前に済ませておくのが理想です。

慣れてくれば脱毛直前でも問題はないかな?と思いますが、

シェーバーを使った後は肌が敏感になっているので、

できれば1日くらい時間をあけた方が肌の負担がなく安心ですね。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボ家庭用脱毛器の使い方

脱毛ラボホームエディションの使い方はとっても簡単!!

脱毛ラボホームエディションの使い方をわかりやすく解説していきます。

ボタン2つで操作簡単♪

脱毛ラボホームエディションには、操作ボタンがpowerボタンとshotボタンの2つだけ。

powerボタンは、電源を入れたり、5段階のレベル調整ができるボタン。

shotボタンは、照射ボタン。脱毛する部位に本体を当てたとき、shotボタンを押すと光が照射されます。

▼▼▼使い方動画や詳しい説明はこちら▼▼▼

連写モードなら全身約15分で完了!

脱毛ラボホームエディションの連写モードを使用すれば、

毎回shotボタンを押さなくても自動で照射してくれるのでスムーズに脱毛ができます。

連写モードを使うときは、shotボタンを長押しするだけ。

脱毛サロンだと、一回全身脱毛するのに1時間以上はかかりますが、

脱毛ラボホームエディションの連写モードなら、全身脱毛も最短15分で脱毛が終わります!

サロンに行く時間も考えたら、自宅で15分脱毛は凄すぎです笑。

セルフで脱毛するにも、早く楽〜に脱毛できるのは嬉しいですね。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

冷却機能付きだからお冷やしは不要!

通常の家庭用脱毛器だと、脱毛中や脱毛後には保冷剤を使って肌を冷やす手間がかかりますが、

脱毛ラボホームエディションは本体に冷却クーリング機能が付いているので、

お冷やしの面倒な作業が必要なし!

どれくらい冷んやりするのか?というと、

夏だと冷んやり気持ちいい♪ってくらいです。

冷たすぎる!ってほどではないので、お肌が弱い方でも問題なく使えそうです。

脱毛が初めてでも、冷却機能があるので痛みも感じにくく、肌をいたわりながら脱毛することができます。

冷却機能が必要ないと感じるとき、冬など寒い季節の時には、冷却機能をOFFにすることもできるので、体調に合わせた使い方が可能なんです。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

vio脱毛のやり方

家庭用脱毛器でvio脱毛をするのは、初めてだとちょっと大変かもです。

慣れれば早く脱毛できるようになるので、セルフvio脱毛のやり方について解説していきます!

【Vラインの毛を残したい時は】

vio脱毛が初めての方は、まずvioすべての毛をシェービングして脱毛することをおすすめします。

vioの毛は硬く何度も生えてくるしつこい毛なので、10回くらい照射してもしっかり生えてくるからです。

なので、Vラインを少し残したい、って方も、初めは5〜10回くらいは全て剃って脱毛しても大丈夫です。

私の経験だと、Vラインは10回目でだいぶ毛の量がなくなってきて、外側?からきれいになっていきました。

もともとVラインは少し残したかったので、様子をみて10回目からは残したい部分は照射しないようにしました。

vioの形を整えたい方は、毛の変化をよく見て、整えたい形を決めてから脱毛していくようにしましょう。

【シェービングやり方】

vioのシェービングには電気シェーバーがおすすめです。

カミソリだとデリケートな部分なので、肌を痛めてしまうからです。写真のようなタイプのものだと、刃が直接肌を傷つけないのでベストです!

vioの毛は長さがあるので、シェーバーを使う前に専用のハサミで長さをカットしておきます。

難しいのはioラインですが、鏡を開いてioを見ながら丁寧にシェービングしていきます。

粘膜の部分の毛は脱毛できないので、粘膜ギリギリまでシェービングするようにしてください。

慣れるまでは首が疲れるし、結構大変な作業です(笑)

▼▼▼VIO脱毛のやり方は別の記事で詳しく解説しています▼▼▼

【やりすぎ注意】同じ所に2回照射しないこと!

家庭用脱毛器を使用するときは、同じ箇所に1度に2回以上照射しないようにしましょう。

脱毛の光はある程度刺激となるものなので、

同じ箇所に何度も当てるのは肌荒れのリスクが高まりますし、

何度も当てたからといって効果が高まるわけではありません。

脱毛器をずらしながら、同じ箇所に2回以上照射しないように気をつけて使用しましょう。

脱毛ラボホームエディションのデメリット

脱毛ラボホームエディションは、家庭でもサロン並みの脱毛ができることが魅力ですが、もちろんデメリットもあります。

自分に合った脱毛器を正しく選ぶために、口コミや私が使用してみて感じたデメリットをまとめてみました!

・永久脱毛はできない

・本体使い切りタイプなのでカートリッジ交換ができない

・日焼けしてしまうと最大レベル(レベル5)で脱毛できない

・黒い毛に反応するIPL脱毛なので産毛にはあまり効果が見られない

・肌に本体を直角に当てるのが難しい

・照射漏れが起こりやすいかも?

といった感じですね。

参考にしてください。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトで詳細を確認できます▼▼▼

脱毛ラボホームエディションのメリット

脱毛ラボホームエディションは、男女問わず使用でき、手軽で使いやすいことで発売から人気の脱毛器です。

改めて脱毛ラボホームエディションを使うメリットをまとめてみました。

・サロン並みの脱毛効果がある
・痛みの少ない冷却機能付き
・【コスパ最強】1台で全身脱毛300回分!
・家族や恋人とシェアできる
・手軽で使いやすい♪持ち運びも便利
・デザインも女子向けで可愛い
・おうちで気長に脱毛できる
・美顔器としても使える!エステ級の効果

ちなみに、

脱毛ラボホームエディションを買うなら公式サイトが一番お得です。

楽天やAmazon、ヨドバシカメラなどの店舗でも買えるんですが、

定価でしか販売されていないのであまりお得ではないんです。。。

公式サイトなら5,000円OFFだったり、

脱毛に使えるグッズなどお得なプレゼントもあったりするので、

私は公式サイトから購入しました。

プレゼントの内容は、毎回同じではないみたいなので、気になる方は公式サイトを覗いてみてくださいね。

▼▼▼Datsumo Labo Home Edition公式サイトでキャンペーン情報を確認▼▼▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました