脱毛ラボ 脱毛器の使い方のコツは?vioのやり方まで丁寧に解説!

使い方

脱毛ラボ 脱毛器の使い方を知りたい!という方のために、使用方法やvioのやり方まで徹底解説します。

初めてvio脱毛をする人は、是非参考にしてみてください!

脱毛ラボ 家庭用脱毛器の特徴

脱毛ラボホームエディション(datsumo labo home edition)は、脱毛専門サロンである脱毛ラボさんが開発した家庭用脱毛器です。

他の家庭用脱毛器と何が違うのか、分かりやすく解説していきます。

保冷剤・ジェルは不要!

通常の家庭用脱毛器だと、脱毛前後に保冷剤などを使って肌を冷やす必要がありますが、脱毛ラボホームエディションは本体に冷却機能が付いているため、お冷やしの手間が省けます。

また、照射しながら同時に冷やすことで、脱毛特有の痛みを感じなくなるので、脱毛が初めての方には特におすすめ。

夏は冷んやりと気持ち良く、肌の引き締め効果もあるような気がします!

冷却機能はOFFにして使うこともできますが、脱毛の光は熱を持つので、肌への刺激を少なくするためにも冷却機能をONにして使った方が安全ですね。

サロンと同レベルの脱毛パワー

脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロンと同じ業務用パワーで脱毛できるので、高い脱毛効果を実感できる家庭用脱毛器です。


脱毛するのに必要なパワーは1㎠当たり1~3ジュールと言われていますが、
脱毛ラボ ホームエディションは1㎠当たり2.9ジュールのパワーがあるので、家庭で脱毛するにも十分なパワーなんですね。

※12ジュールとは、レベル5(最大レベル)で照射した時の照射面積あたりのジュールです。

また、脱毛ラボホームエディションは光脱毛の一種である【IPL方式】を採用しており、脱毛効果が高い脱毛方式として知られています。

【IPL方式】とは、毛のメラニン色素(黒い部分)に反応して毛根を刺激し脱毛するという脱毛方法で、VIOや男性の髭など、黒くてしっかりとした毛には特に効果的です。

脱毛ラボホームエディションを継続して使用することで、毛を少なくしたり毛質を柔らかくしたりすることができるので、高い脱毛サロンに通わなくてもきれいな素肌にすることが可能!

痛みや肌への刺激も少ないことから、脱毛が初めての方でも安心して使える家庭用脱毛器です。

脱毛ラボホームエディションの使い方

脱毛ラボの脱毛器【datsumo labo home edition】の使い方は至って簡単!!

操作ボタンはSHOTボタンとPOWERボタンの2つしかないから誰でも簡単に使えます。

コンセントに繋いで使うタイプなので、
充電式と違って出力パワーを最大限に活用できるのも良いところです。

使い方【40秒動画】

脱毛ラボホームエディションの使い方40秒動画

【動画の補足】

パッと光ったら照射完了!!
このとき、付属のゴーグルかサングラスをつけると安全です。
ゴーグルをつけると視界が悪くなるので、ゴーグルを使わない場合は顔を背けて光を直接見ないように注意してください。
照射時の光はかなり眩しいので、サングラスをしている・いないに関わらず、目をギュッとつむるようにしましょう。

※目の安全のため、照射中は照射面を直接覗き込むことはしないように!

ボタンの使い方解説

POWERボタン→電源ON OFF、照射レベルの調整

SHOTボタン→照射ボタン、連写ボタン

電源を入れるときは”POWERボタンを長押し”。
SHOTボタンを長押ししてもびくともしないので注意です!(間違えて最初故障かと焦りました、、)

出力レベルを変えるときは、POWERボタンをポチっと押す。
一回押すごとにパワーが上がっていきます。
円になると最大限レベル5です。

美顔器として使うときは、
レベル1(SRモード)で。

連写機能を使うときは、
SHOTボタンを長押しします。
肌に直角に当てれば自動で1〜2秒毎にピッピッピッと照射されます。
連写機能をOFFにするときは、再度SHOTボタンを長押し

冷却機能のON OFFは、
SHOTボタンとPOWERボタンを同時に押すだけ。
体調や気温に合わせて使い分けてもいいかと!
ただ、脇やvioは痛みを感じ易いところなので、冷却機能ONでやるのがおすすめ。

※ 初めて使用するときは、まずレベル1から使用してみて!
痛みや熱さを感じなければレベル3→レベル5とレベルを上げてOK。

照射前に肌のトーンを確認しておこう


脱毛ラボホームエディションは、肌のトーンに合わせたレベル調整ができるようになっています。

本体の裏面に、【6段階の肌色チャート】が表示されているので、自分の肌色に一番近いレベルで照射します。

写真の通り、ホワイトタイプ1の場合は最大レベル5で照射できます。

写真の右下、ブラウンタイプの肌には使用できません。

初めて使用する時は、必ず肌のトーンチェックを行ってから照射するようにましょう。


スキンテストのやり方

初めて脱毛ラボホームエディションを使用する際には、必ずスキンテスト(パッチテスト)を行ってください。

スキンテストとは、二の腕などに試しに照射してみて、肌に異常が出ないかテストすることです。

【スキンテストのやり方】


二の腕など皮膚の薄いところに、まずはレベル1で照射

 ↓

痛みを感じないところまでレベルを上げて(照射する場所はずらして)照射

※同一箇所に2回以上光を当てないように!

 ↓

24時間後、肌に異常がないかを確認する

 ↓

赤みや痒みなどの異常がなければ、そのレベルで脱毛してOK!

万が一、レベル1で肌に強い痛みや赤みが出てしまった場合は、その箇所には脱毛ラボホームエディションの使用はできません。

24時間経っても肌に異常が出ていなければ、早速脱毛してみましょう!

照射するときは素肌をきれいに!

脱毛器を使用するときは、肌をきれいな状態にしておかないと十分な脱毛効果が得られなくなってしまいます。

脱毛ラボホームエディションを使用するときは、

  1. 脱毛する箇所をシェービングしておく
  2. 日焼け止めや化粧品は洗い流す
  3. 汗などの水分は拭き取る

この3つを意識しましょう。

日焼け止めが毛穴に入り込んでいると、脱毛効果が薄れてしまうってことなんですかね?
詳しくは記載されていないので割愛しますが。

シャワー浴びるのが面倒なときは、
拭き取り化粧水をコットンにつけて拭き取るのが手っ取り早いですよ。

脱毛サロンだとスタッフさんが拭き取り化粧水で毎回お手入れしてくれます。

ただ、拭き取り化粧水で汚れを拭き取った後は、水分を拭き取ることを忘れずに!

脱毛前のシェービングについて

脱毛前にはムダ毛をシェーバーで剃っておく必要があります。

脱毛が初めてという方によくある【シェービングについての疑問】についてお答えしていきます。

毛は剃らないとダメ?

脱毛するとき、毛を剃らずに照射すると、火傷などのトラブルの原因になるので、必ず毛をシェービングしてから照射しましょう。

家庭用脱毛器を使用する時には、
脱毛部位を事前にシェーバーで自己処理することが必要です。

脱毛時は肌に負担がかかるので、
自己処理の際には肌が傷つきやすいカミソリでなく、電気シェーバーを使うのがおすすめ。

Panasonicなど高性能の電気シェーバーが3,000円くらいで購入できます。

毛を剃らないで脱毛器を使用してしまうと、
火傷や肌トラブルの危険があるので
必ずシェービングは行ってからにしましょう!

また、家庭用脱毛器は毛の黒い部分に反応して照射を行うので、
毛抜きやワックスなどを使用するのもNGです。

どこまで剃ればいいの?

目安としては、1〜2mmくらい毛が少し出てるくらいまで剃りましょう。

毛があまりにも出ていると、照射時に痛みを感じやすくなってしまうので要注意です。

シェーバーは凄く剃りやすいですが、部分的に上手く剃れてないこともあるので、
そんな時は少し肌を引っ張ってシェービングすると、1〜2mmくらいまでキレイにカットできます。

また、vioなど、毛の長い部分は、シェーバーを使う前に毛の長さをハサミでカットしておくと良いです。
vio専用のハサミを用意すると衛生的ですね。

特にvioはシェービングしづらいので、鏡でチェックしながら丁寧に剃る必要があります。

1回ではなかなかきれいに剃れないことも多いので、2回シェービングするのがおすすめ。

シェービングするタイミングは?

これは説明書に詳しく記載はないですが、
基本的に脱毛サロンでは、
脱毛する前日〜2日前にシェービングをするという感じです。

シェービング直後はお肌が敏感になってるので、脱毛直前にシェービングするのはあまり良くないってことだと思います。

慣れてくると、脱毛前にささっとシェービングして照射しちゃますけど、、
家庭用脱毛器の使い始めや脱毛が初めての方は、
前日〜2日前にシェービングしておく方が刺激がなくて安心だと思いますよ。

脱毛器を使うこと自体がお肌には刺激になるので、それ以外の刺激となることは時間をずらしましょう!
っていうことですね(^^)

脱毛ラボのシェーバーってどう?

脱毛ラボでは、ボディ用と顔用の専用シェーバーが発売されていますね。

私が脱毛ラボホームエディションを購入したときは、特典として顔シェーバーが付いてきました。コンパクトなサイズで使いやすく、細かい部分のシェービングにおすすめです。

脱毛ラボのボディシェーバーは、広い範囲を一気にシェービングできるので使いやすい!という口コミが多数。

腕や足などの広範囲のムダ毛を一気にシェービングできるので、シェービングに時間をかけたくない!という方におすすめです。

カミソリしか持ってない!という方は、脱毛用に一つ、電気シェーバーを購入しておきましょう!

脱毛ラボホームエディション 使い方のコツ

脱毛ラボの家庭用脱毛器を使ってみて、照射するのが意外と難しい!という口コミも多くありました。

ここでは、脱毛ラボホームエディションを上手く使いこなすための【使い方のコツ】を紹介していきます。

本体を直角に持とう

これは家庭用脱毛器なら全てに共通することだと思いますが、基本的に脱毛器は照射面と肌が垂直になっていないと照射されないようになっています。

なので、家庭用脱毛器を使うのが初めての方は最初は難しいかもしれませんが、慣れれば誰でもできます。

照射面が肌に垂直に当てるには、『本体を持つ角度』を意識するだけ!

本体が照射する肌に対して斜めになっていると、shotボタンをいくら押しても照射されないので、必ず本体を持つ角度を確認しながら使用しましょう。

慣れてくるといちいち角度を気にしなくても手の感覚で自然と覚えるようになるので大丈夫ですよ(*´-`)

連写が止まったら肌から離す!

口コミでよくあるのが、連写モードが時々止まってしまう!という声。

連写モードとは、本体を肌に滑らせるようにしてズラすだけで自動で照射してくれる便利な機能のことですが、時々照射されずにフリーズしてしまう!ということが起こるんです。

これは、『照射面が肌に8秒間触れていると安全機能が働き、一旦照射できなくなる』というルールがあるからなんです。(説明書に記載)

同じ箇所に2回照射すると肌トラブルの原因になるので、そういったことを防ぐための安全機能のようですね。

なので、連写が止まってしまったときは、一度肌から照射面を離して、もう一度当てれば照射できます。

慣れてくると適度に肌から離して照射できるようになるので、この【8秒ルール】を覚えておくといいと思いますよ(^ ^)

照射時には目を閉じて

脱毛の光は直接見ると危険です。

脱毛中は付属のサングラスをし、照射する瞬間は目をぎゅっと閉じてください。

また、付属のサングラスは視界が悪くなるので、使いづらい!と感じたら、サングラスはつけずに照射するときに目を閉じるようにしましょう。

目を閉じても光を感じるくらい出力パワーが強いので、まぶたにシワをぎゅっと寄せるイメージで!

間違っても直接光を覗き込んだりはしないように気をつけてくださいね。

脱毛ラボホームエディション vio やり方

家庭でvio脱毛するのって難しいのかな、、?と不安になる方も多いですが、やり方を覚えればセルフでのvio脱毛も簡単です。

vio脱毛が初めての方に向けて、シェービングのやり方など丁寧に解説していきます!

※脱毛サロンのやり方を参考にしています。

1〜2日前にシェービング

vioは敏感な部位なので、必ず脱毛する1〜2日前にシェービングを行ってください。

vioを剃る時は、カミソリではなく電気シェーバーを使用しましょう。vio専用の電気シェーバーもあるので、自分に合ったシェーバーを選んでくださいね。

【vioのシェービングやり方】

※あくまでも私のやり方なので、参考程度に読んでください。

お風呂から出た清潔な肌の状態で行います。

タイミングとしては、風呂場を出てから30〜1時間後にやるのがおすすめ。

※お風呂場でも良いのですが、お風呂上がりは肌が敏感になってるため、タオルドライの後すぐシェービングすると、肌に刺激になってるような感じがするのであまりおすすめはしません。

❤︎用意するもの❤︎

  • スタンド鏡
  • 新聞紙や要らない広告
  • 電気シェーバー
  • コットン
  • 化粧水
  • ボディクリーム

まず、vioの毛を拾うための新聞紙を引き、鏡をvioが見えるように置きます。

鏡は化粧鏡だと小さくて見にくいので、できれば少し大きめのサイズで、角度を固定できるものがおすすめ!


※毛が長い場合はシェーバーかはさみで長さを先にカットしておきます。

vioどの順番で剃っても構いませんが、はじめは毛の流れに剃ってシェーバーを動かし、2周目では毛の流れに逆らうようにシェーバーを動かすと、ギリギリまできれいに剃れます。

5mm以上毛が出てると痛みを感じ易いので、なるべく丁寧に剃るのがポイント!

難しいのはI Oラインですね。

鏡を見ながら、慎重に剃っていきましょう。
この時、粘膜を傷つけないように丁寧に毛を剃っていくように注意してください。

IOラインの皮膚を引っ張ると上手く剃れます。
粘膜の部分は照射できないので、その周りのIラインの毛を剃るように。

全て剃り終わったら、コットンに化粧水をつけて、vioについた細かい毛を拭き取ります。
これが残るとチクチクして痛いので。。

vioを剃った直後は、かなりお肌が敏感になっているのがわかるので、
すぐにボディクリーム等で保湿し、肌を休ませてください。

鏡を使って照射する

いよいよ脱毛ラボホームエディションを使います!

電源コードのある場所で、鏡を見ながら行ないましょう。

1.vioの汚れを拭き取る

コットンに化粧水を浸して、vioの汚れを拭き取ってから照射します。2回やるときれいになります。

2.本体の電源ON→レベルの設定

vio脱毛が初めての方は、最初はレベル1で照射してみましょう。

レベルの調整は本体右下のpowerボタンを短く押すとレベルが1つずつ上がります。

写真のように、ディスプレイにSRと表記されていたらレベル1です。

vioは痛みを感じやすいので、冷却機能がONになっているか確認も忘れずに。

3.いよいよ照射!

照射するときも、シェービング時と同じように鏡を見ながら照射していきます。

痛みの少ないVライン→Iライン→ Oラインの順番で照射するのがおすすめ。

iラインを剃るときは、足を全開にして、i ラインの外側から照射します。
粘膜に近づくほど毛が密集していて痛みを感じやすいので、外側から照射して様子を見るのがベストです。

Iラインは手で皮膚を引っ張ると、肌に光が均一に当たります。

Oラインは体勢がきついというか難しいです笑!
上手く当てにくいというか、、セルフだと難しい部位ですね。
一応当てられるんですが、細かいところまで丁寧にはできてないと思うので、本当にきれいにしたいならサロンで処理してもらう方が確実ですね。

照射後は保湿とお冷やし

照射後は、ボディクリームで保湿します。
この時、皮膚がムズムズしたり、何となく違和感があるなら、保冷剤をショーツの上から当てて冷やすと落ち着きます。

直接保冷剤を当てるのは衛生的ではないのであまりおすすめしませんが、熱が気になる人や肌が敏感な人は肌に直接当ててしっかり冷やしても良いと思います。

脱毛サロンでも同じように保冷剤や冷やしたタオルを当てるので、私はそのやり方を真似て家庭でもやってます。

vio脱毛に必要なもの まとめ

vio脱毛は、やり方を覚えれば誰でもできます。ただ、すごくデリケートな部位なので、丁寧に脱毛を行わないとトラブルになりかねません。

vio脱毛に必要なアイテムをリストにしてみたので、参考にしてみてください(^ ^)

【vio脱毛に必要なもの】


・置き鏡(大きめで角度調整できるもの)
・新聞紙や要らない広告
・電気シェーバー
・保湿クリーム
・拭き取り用のコットン+化粧水

リストにしてみましたが、基本的にはvio意外でも使用するので、vio脱毛で特にあったほうが良いのはスタンドタイプの鏡ですね。

これは化粧するときのコンパクトなサイズより、顔が全て入るような大きさの鏡の方が見やすいのでおすすめです。

また、角度を調整し固定できるような鏡だとvioを確認しやすくなります。

100均やドンキで置き鏡が安く買えるので、お家にない方はvio脱毛用に一つ持っておくと便利ですよ♪

あと、vioを剃ると痒くなるので、私は薄めのおりもの用ナフキンを毎日当てています。
そうすると痒みが抑えられるし、下着との摩擦による黒ずみも予防できるんです!
おりもの用ナフキンは薬局で300円前後で買えるので、痒みが気になる場合は使ってみてくださいね。

脱毛ラボホームエディション 使用頻度【脱毛間隔】

家庭用脱毛器って、どのくらいのペースで脱毛すればいいのか気になりますよね。

ここでは、脱毛が初めての方に向けて効果的な脱毛の頻度を解説していきます!

3ヵ月間は3日に1回

脱毛が初めての人は、毛が抜けにくい状態なので、使い始めて3ヵ月間は週2回の使用がおすすめです。

肌への負担とならないよう、最低2日は間をあけて使用してください。

3~4日に1回の頻度で照射するように、カレンダーに脱毛した日を忘れないように記録しておくといいかもです。

毛が減ってきたら2週間に1回でOK

脱毛ラボホームエディションを継続して使用していると、平均4回目で脱毛効果を実感するという人が多いみたいです。

毛の量が少なくなって、生えてくるスピードが遅くなってきたら、

使用頻度を2~8週間に1回のペースにして大丈夫なんだそうです!

そもそも毛が生えてないと脱毛効果はないものなので、毛がある程度生えてきたら使用するイメージでいいかと思います。

脱毛ラボホームエディション 使える範囲

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる範囲はどこまで?

脱毛ラボホームエディションで脱毛できない箇所や使用するとNGな部位を知って、正しく使用しましょう!

顔やvioにも使える?

家庭用脱毛器の中には顔やvioは脱毛できないものもありますが、
脱毛ラボホームエディションは5段階のパワー調整ができるため、顔・VIOを含む全身に照射できます。

【脱毛ラボホームエディションで脱毛できる範囲】

顔(おでこ、こめかみ、小鼻、鼻下、あご周り)、vio、乳輪周り、へそ周り、胸、お腹、脇、うなじ、背中、ヒップ、ひざ、膝小僧、ヒジ、手の甲、手指、足の甲、足の指)

【脱毛ラボホームエディションで脱毛できない範囲】

目、耳、乳首、乳輪、へそ内部、外陰部、腟部、肛門、男性器

ホクロ、アザ、いぼ、そばかす、しみなど色素の濃い部分、傷跡、大静脈

刺青(タトゥー)、ボディペイント、アートメイクのある箇所

シリコン注入箇所、ペースメーカー、皮下埋め込み式カテーテル(ポート)、ピアス、ボディピアス

脱毛器としてだけではなく美顔器としても使用できるのも嬉しいポイントですね。

レベル1=美肌モードなので、化粧ノリを良くしたい時や肌のキメを整えたい時などに使うと、エステに行った時のようなきれいなお肌になれます♪

男性の髭も脱毛できる?

脱毛ラボホームエディションは、高機能タッチセンサーが搭載されており、男性の髭もスムーズに照射することができます。

男性の髭ような濃く太い毛にも脱毛効果のあるIPL方式なので、サロンレベルの効果を感じられます。

脱毛ラボホームエディションはほくろには使えない!

脱毛ラボホームエディションでは、ほくろへの照射はNGです。

ほくろから毛が生えていると、ついつい脱毛したくなりますが、ほくろなどの色素の濃い部分への照射はNGとされています。

ほくろがある箇所は避けて照射するか、不安な人は保護シールを貼るなどして、直接光を当てないようにしましょう。

家庭用脱毛器 使用時の注意点

家庭用脱毛器を使用する際に気を付けるべきことって何??

家庭用脱毛器を使う時にやってしまいがちなNG行動を確認しておきましょう!

脱毛前後の入浴はNG!

脱毛後の肌は内部に熱を持っており、目には見えなくてもダメージを受けている状態。

なので、脱毛した当日の入浴は控えましょう。
これは脱毛サロンで脱毛するときも同じです。

あと、入浴直後の脱毛も避けてください!
入浴して体温が上がっている状態だと、脱毛器の光も熱を帯びるため、身体に熱がたまりやすくなってしまい危険です。

体温が上がり血行が良くなると、赤みやかゆみの原因にもなるので。

また、お風呂上がりはお肌も敏感になっているので、どうしても身体をキレイにして脱毛したいなら、軽くシャワーくらいで済ませてからにした方が無難です。

脱毛効果を高めるためのアドバイス

脱毛期間中は、脱毛部位の保湿が大切です。

保湿を毎日丁寧に行うことで、肌表面が乾燥しないため、脱毛効果が高まるんだとか。

これは脱毛サロンで教えてもらったんですが、
保湿クリームを毎晩、できれば朝もつけるようになってから、すごく早く脱毛効果を感じるようになりました!

それまで保湿をサボってしまっていたり、クリームがもったいなくて少量しか使わなかったりしてたんで、脱毛効果を感じるのはかなり遅かったです。。。

ちゃんと保湿するとこんなに効果でるんだ!!って驚きました。
(特にvioは効果あります)

脱毛サロンだと保湿までスタッフさんに行ってもらえますが、
家庭用脱毛器の場合は自分で保湿まで忘れずにやることがめちゃくちゃ大事です。

慣れるまではちょいと面倒なんですが、保湿すると肌もすべすべになりますし、
保湿までが脱毛だと思って習慣づけしてしまうと続けられると思います(^^)

脱毛ラボホームエディションのお得な買い方

脱毛ラボホームエディションを一番お得に買えるのは脱毛ラボの公式サイトです。

楽天やAmazonだと、ポイントは貯まるけど割引率が良くなかったり、特典やプレゼントがなかったりするので、私は公式サイトから購入して脱毛グッズをたくさんGETしました!!

特典の内容などは毎回違うみたいなので、

気になる方は公式サイトを確認してみてください↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました